レディ

原因に合った施術を受ける

頬を触る人

エラが原因ならボトックス

顔が大きいと、体全体のバランスが悪く見えてしまいがちです。そのため、小顔になるための美容整形の人気が高まっています。小顔整形を行うには、まず、自分の顔が大きく見える原因は何かを知ることが大切です。顔が大きく見える原因としては、エラが張っている、皮膚がたるんでいる、骨格が大きいという、大きく3つの理由に分けられます。エラが張っている場合、小顔にする施術としては、ボトックス注射があります。エラが張っているほど効果が出やすく、注射をするだけですっきりとしたフェイスラインを手に入れることが可能です。効果は半年ほど持続するので、半年に1度ボトックス注射を受ける必要がありますが、3回ほど受け続けると、効果が半永久的に続くようになります。料金は、1回の施術で5万円から8万円が相場です。皮膚がたるんで顔が大きく見える場合は、超音波治療や糸によるリフトアップがあります。超音波治療は、超音波で肌を支える組織を収縮させひきしめるほか、コラーゲンの生成を促し、肌の内側から肌を支える力を強化するという施術です。効果は半年ほど持続し、継続して続けることにより、効果の持続期間も長くなります。糸によるリフトアップは、トゲのついた糸を皮膚の中に挿入し、皮膚を引き上げる方法です。どちらも切らずにできるプチ整形なので、ダウンタイムも少なく、手軽にできます。料金は、超音波治療が1回25万円から30万円、糸によるリフトアップが1回20万円から50万円が相場です。骨格が大きいせいで顔が大きく見える場合は、骨切り手術となります。大掛かりな手術ですが、最も小顔効果が高い施術です。骨を削るので、ほとんど希望通りの小顔になれるのが特徴ですが、ダウンタイムは約1ヶ月と長くなります。全身麻酔を使って施術をした場合は、2日から3日の入院も必要です。効果は半永久的に続きますが、料金は50万円から100万円が相場です。プチ整形と呼ばれる簡単なものから、骨を切る大掛かりな手術まで、色々な施術方法があるため、医師と相談して、自分に合った施術を受けるようにしましょう。